パッチワーク
パッチワークの作り方

ハンドメイド パッチワーク

ハンドメイドが好きな私に友達が
「子供に作ってあげたら?」
と言って渡されたのが可愛い巾着のパッチワークキットでした。

普段からパッチワークをしていてハンドメイドが特に好きな私は、
貰った日に取り掛かりました。
出来上がりも可愛い♪娘も気に入っているようです。

ハンドメイドだとミシンと違って布を縫い代ギリギリまで使う
ことが出来るので、余り布が結構増える。
ミシンだと小さすぎて縫えなさそうな布でもハンドメイドだと
十分パッチワークに使えるんですよね。
嬉しいことに、やっと暖ボールいっぱいに溜まったんです♪

夫の目をよそに段ボールをひっくり返しコースターと
ランチョンマットを何枚も作りました!!
コースターなんかは端切れを合わせても小さいものなので、
ハンドメイドじゃなくちゃ絶対無理!!
夫は“地味だなぁ”とブツブツ…
でも始めに使ったのは夫でした(笑)


出産して仕事を辞めたので少し時間がとるようになったので
パッチワークでオムツを入れるポーチを作りました。
初めてなので使える物が完成するか不安だったので、布も
自分の着なくなった服を使って見よう見まねで作りました。
想像以上の出来栄えに感激し、すっかりハンドメイドに
ハマってしまいました。

自分の服が自分の手によって、子供のものに変わるなんて凄く
素敵なことに思えて感動しちゃいました。
“ハンドメイドの良さって、こういうことなのかなぁ”なんて
思いましたne。

布を選ぶ余裕も少し出てきたので、最近はネットオークション
を利用して買っています。
こないだ端切れ100枚セットをGETしちゃいました♪
こんな端切れが自分の手によって全く違うものに変身すると
思うと、ジッとしていられません。
パッチワークすることで端切れが大きな一枚の布になり、
ハンドメイドする事で使える作品になるんです。

子供には愛情を込めたパッチワークをプレゼントできる事が、
母親として単純に嬉しく思います。
温もりや愛情を感じさせられるのはハンドメイドだけが成せる
技じゃないでしょうか…