パッチワーク
パッチワークの作り方

パッチワーク 作り方

パッチワークはアメリカ西部かの開拓時代に生まれました。
生活が厳しい中で古着を捨ててしまわずに、使える所だけを
つなぎ合わせて別の形で再利用したのが始まりです。
いまでいうエコの始まりかもしれませんよね。

初めはつぎはぎによって使えるものにした物が、気付くと完成品は
とても綺麗で芸術すら感じさせる仕上がりになって、女性らしさと
物を大切にする優しささが加わり現在のパッチワークにまで
発展したのではないでしょうか。

素朴に見えるけど、なぜか暖かさがあるアメリカンカントリー
や、レース・刺繍などを施したフレンチなどパッチワークは
地域によって様々です。最近は伝統的な日本の和布を使った作品
も人気が高く増えてきました。

パッチワークで何かを作るのが好きな方は多いと思いますが、
出来た作品を見るのが好きな方もいます。
どちらの方もパッチワークの細かい手作業の末に出来た作品に
魅了されると言います。
手間をかけながら心を込めて仕上げた自分の作品に喜びを感じ
る方も、その気持ちが伝わってくる作品を見た時に感激する方
も同じ気持ちで作品を見ているんですね。

最近ではパッチワークを趣味にされている方は世界中に沢山い
ます。
中には仕事にしている方もいるでしょう。
パッチワーク人口が多くなっているので、作品そのものが個性
を表現する場所になっているようです。


パッチワーク キルト

今となっては恥ずかしい話ですが、私はパッチワーク・キルト
はアメリカン・キルトの事だとばかり思っていた。
でもキルトの種類を知ったことで私の中のキルトの世界が大きく
変わり、そして広がりました。

表と裏になる布に間に芯を挟み3枚を縫い合わせたもの全てが
“キルト”です。
既製品で売られているキルティングという種類の布ならから想像
できますよね。

世界中にあるキルトは時代、技法、によって様々な種類に分け
られます。
最古と言われるパッチワーク・キルトは祭壇の敷物だったそうです。
そして最も古いキルトはシベリアで発見されたものです。

私は知らなかったのですが、日本の刺し子もキルトの種類と
聞いて驚きました。
世界各地に様々な形でキルトが存在しています。
そのキルトの中の一つがパッチワーク・キルトだったんですよね。

又パッチワークのパターンの種類は基本的なものからアレンジ
されて生まれたものまで数千以上もあるそうです。
パッチワークの経験が無ければ、こういった事を知るとなおさら
難しく感じてしまう方も多いと思いますが、布選びからパターン
まで全て自分で考えなくちゃいけない!!なんて決まりは無いんですよ♪

全部が揃ったキットが売られていますので、最初は簡単なもの
から キット を使ってチャレンジしてみるといいと思います。
最近は種類も増えて自分の好みの物が必ずあると思いますので
1度みてみる事をおすすめします。


パッチワーク パターン

今回出されたパッチワーク教室の課題は“ミックスT”
のパターンです。
まだ完成はしていないのにパターンを見たら気に入ってしまって、
別で同じパターンを使ってタペストリーを作っています♪

最大の悩みは配色です…私は配色が苦手なんです。
目の前の布を見ても出来上がりのパターンを見ても、全てが
つながれて組み合わさった時の配色が全くに近いくらい
想像できないんです。。。

最後に配色がアベコベになるのが嫌で、気付くとパッチワーク
のパターンを作る段階から何にでも合うような暗めな色や柄を
使っている。
「先生には出来上がりは悪くないけど、せっかくパッチワーク
のパターンを使っているのに同系色ばかりじゃもったいないで
すよ。」
なんて言われてしまって…

そう言われた反動なのか課題と別に作っているタペストリーの
パターンはド派手になりました。
評価をする先生に見せるというプレッシャーが無いせいかもしれません。


パッチワーク 手作り

手作りのものは優しい感じがして、とても温かいですよね。
そして何と言っても丈夫で長持ち!!
手縫いだと更に柔らかい感じも出ますよね。

皆さんは日頃から手作りとかしますか?
私は愛する我が子の為に毎日パッチワークを手作りしています。

パッチワークは家にある余り布や着なくなった衣類を使えば、
新たに買い足す必要が無いので直ぐに始められます。

小さく切った布をつなげて縫い合わせば、それだけで手作りの
パッチワークになるんですよ♪
愛情こめた手作りのパッチワークは素敵に仕上がってくれるんです♪

皆さんも手作りで何かを作りたいと思ったらパッチワークを
始めてみて下さいね。


コーチ パッチワーク

コーチのショルダーバックを買っちゃいました\(~o~)/
しかも大好きなパッチワークコレクション♪
色も気に入ったんですが何と言っても花の刺繍が超可愛い♪

私がコーチのパッチワークコレクションを買い始めたきっかけは、
どんなファッションにも合わせられるからです。
エナメルのパッチワークはパーティーにも使えるし、
夏のカジュアルなスタイルにも違和感がないんですよね。

2006年発売されたエンボス加工のシグネチャーに、
ビンテージレザーとゼブラ模様のヘアカーフなどが
組み合わさったホリデーパッチワークは、高級感もあって
目を引くデザインです。

持ちやすくてファッションを選ばない
コーチのパッチワークコレクションは本当に魅力的です。